分断は良いもの

「社会が分断する。」

よく耳にする話。

続いて「分断をなくすにはどうすればいい/私たち何ができるのか?」といった質問が出てくる。

ぱっと見イメージ良くない言葉だが、実は社会の素晴らしさを表したものだ。それは非常に基本的なものだが、いつの間にか忘れちゃう重要な価値でもある。それは一人一人は本質的に違うからだ。

社会が分断するのは常である、問題どころか、推奨した方が良い。分断しない社会の方がおかしいである。実に閊える。

例でいうと、いろんな分野での自由競争はそれだ。分断どころか、時に汚い攻撃もある。それでも社会は豊かになりつつある。逆に分断を許さない国の方は貧しくてしょうがない。

もちろん世の中のことメリットがあればデメリットも必ず伴う。しかし、分断を治すことは社会に真の災いをもたらすものだと認識している。その向こうにほとんどだれも望まない未来が私たちを待っている。

Show Comments