大学はオンライン授業しても講義に定員を維持するわけ

オンライン授業いかがでしょうか。

中に変と思うことはいくつかあるのだが、何より変なのは講義の定員維持。

お分かりの方は分かると思うが、選択科目だと履修申請する人がたくさんいたら抽選とかで履修者を決めているのだ。教室でも教員でも対応能力の上限があるから定員を設けざるを得ないというが、それは大分建前だと私が思う。

教室の問題はフルオンラインの場合、言うまでもなく、存在しないが、教員の方はどうだろう。率直にいうと、オンラインじゃなくても、学生に席さえ確保できれば、ほとんどの授業は定員と無関係だ。なぜかというと、教員は基本的に講義をするだけで、個々の学生への対応はティーチング・アシスタントの仕事である。別に教員は忙しくないとは言ってないが、学生をさらに入れても忙しさの具合はそれ以上ほとんど変わらないというのだ。

しかしなぜ大学は一時的でもいいから、定員拡大・撤廃を容認せず、その姿勢さえないだろうか。

それは一旦容認してしまうと、そういった今までの建前が崩壊しかねないからだ。

もちろん教育行政とか、法との抵触とかいろいろあるが、それはあくまで今現在の教育システムの全体の問題を表しているに過ぎない。

さらに言うと、今日の大学は定員があるから商売が初めて成立するのだ。

大学は何を売っているのかと今日でいうと、知識・学問より、肩書だ。知識・学問を求めるなら、基本的にオンラインコース・図書館・専門教育機関に行けばいいし、学部卒業生の学問レベルを調べればそんなに大したもんではないのもよく分かると思う。名門大学は名門であるのが過去の歴史・実績はもちろん否認できないが、今日でも維持されているのは、毎年ほんの一部しかない人しか入れないからだ。定員撤廃したら、名門は名門でなくなり、商売は成り立たなくなる。それは名門大の学生たちもよく分かると思う。要するに入試さえ合格できれば、これからは運命共同体になる。

しかしその建前はいつまで続くだろう。コロナは早く終息することを切に願うが、終息する前に風穴を少しでも開けることができればと思う。

Show Comments