なぜ映画館に行くのか

映画好きが映画館に行く。一般人も映画館に行く。映画館に行くことはそんなに不可解なことではない。理由を聞かれても即答できるだろう。

そう、映画館に行くこと自体が非常に一般的な行為である。チケット代が高いなと思っていても、行くこと自体を否定することはそんなに多くない気がする。

「映画館より映画鑑賞にいい環境がない」は賛同してもらえるだろう。

まさにその通り、映画館は映画鑑賞に最適な環境である。

映画が終わったらみんな早いうちに出ていく。出たくない人は相当少ない。映画鑑賞には最適であるものの、ほかの活動には相応しくない。

さらに、映画館に非常にこだわりのある人もいれば、映画館であればいいだろうという人もいる。みんなのニーズが異なる。

つまらない文章だが、私は何を言いたいかというと、環境と活動、適切なマッチングが大事。消費者であるとき誰もうまくやっていけているが、生産者、思考者になったとたん、それを急に忘れちゃう人が多い気がする。

Show Comments