「あなたの代わりは、いくらでもいる」

恐怖心を煽る言葉。

しかし、それは事実かというと、ほぼ事実だ。「他よりマシ」という理由で支持されていた総理大臣だって、代わりはいくらでもいる。

誰が突然消えても、地球の回転どころか、人間社会の継続にも支障が全くない。

掛け替えのない存在なんて、初めから存在しないんだ。

もし本当に存在するなら、あなたという存在自体を大切にする、真の親友、そしてあなた自身のことかもしれない。

私たちのスキル、性格、外見、地位、名誉等々のために集まっていただいた人にとって、自分以外いくらでも代わりがいる。当然のこと。

代わりがいないのは、私という存在自体しかない。

次回「あなたの代わりは、いくらでもいる」と言われたら、「教えていただきありがとうございます。あなたもね。」と返せばいいじゃないか。

Show Comments