解散だ!!解散!

第 204 回国会最終日を迎えるその前日、パンデミックのさなかでも風物詩が欠かせるわけにはいきません。

内閣不信任決議案!

日本維新の会の足立議員は演壇に「何の意味も見出すことができない」と発言しました。それは厳しすぎます。意味と言えば、現在の日本政治の本質を覗くことができるのではないかと思います。

そしてもう一つは「解散」。

日本の衆議院議員の任期が大体半分前後過ぎると、解散の憶測はニュースになり始まる気がします。それはそうですよ。解散されず任期満了まで職務を全うことができたのは日本国憲法の下に一回だけです。少しでも頭が回転できれば次回も解散だろうと判断するのは当然です。

しかしもう少しだけ頭を回転してみませんか?

(すでに回転した人にお詫び申し上げます。)

そもそもなんで解散解散の与党にまたまた投票するのでしょうか?

それは問題の一つの突破口だと思います。

内閣総理大臣の解散行為自体が違法だと思いません。しかし、違法でなければなんだもいいでもありません。寿司屋に行って、あなたの友達がネタばかり食べて、さらに闇鍋も作る気みたいにご飯を醤油の皿に入れて、混ぜまくることと同然です。少し言い過ぎました。真に必要であればそれでもいいですが、ほとんどの場合、そんな必要はなく、ただの気まずい遊びです。

しかし現在の日本、そのまさかが現実になっています。解散が当たり前になっていることを批判する人はほぼいません。いわゆる「争点」にすらなれません。現在の野党でも与党時代に解散するときはします。

確固たる理由さえなければ解散決定する内閣総理大臣を信任する政党に投票しちゃいけません。

「遊びって何が悪い?」と思う人もいます。

確かに、遊びはいいですね。しかしそれは国会ごっこではありません。みんな日々生活に確実に影響を及ぼします。「このまま本当にいいですか?」と自問していただきたいです。十分満足いただければそれは嬉しい限りです。

「民意を問うの何が悪い?」と思う人もいます。

何も悪くないですよ。しかしその民意を問おうとする人=解散切符を切った人=内閣総理大臣が、何か勘違いしているのではないですか?現在の国会議員は全国民 4 年分の信託を得て、民意の代表としてわざわざこの東京に来て仕事していますよ。なんでその既存の仕組みを無視するまで民意を問い直さなければならないですか?世論調査でもある程度の民意が分かります。極論と言えばその仕組み自体に問題がある立場で直接民主主義支持なら分かりますが、しかし現在の解散大好き党も直接民主主義を推進したいとは到底思えません。

なら解散の真の目的は何ですか?恐らく堂々と言えませんよね。

そんな政党、まだ許せます?

Show Comments